バルタリの冒険日誌~11章~砂漠に旅立つ準備なのかなこれは【黒い砂漠冒険日誌81】

スポンサーリンク
冒険日誌

バルタリの冒険日誌~11章~です。
今回は、これまでよりも簡単な気がしました。

そこまで面倒でもないのサクッと終わらせる事ができたんではないでしょうか。

  

バルタリの冒険日誌~11章~

バルタリの冒険日誌11章は5つの目標からなり、簡単なものが多くこれまでの一息みたいな感じでした。

相変わらず、冒険日誌を読んでいると若かりし頃のバルタリ村長の姿も見えてきて面白いですね。

ジャガイモ箱を作ってみる

ジャガイモ箱を製作開始と共に完了になったので、作りきる必要もないと思った。
でも、せっかくの記念なので製作しておきました。

こういった箱を作ったのは初めてなもので。

ジャガイモ箱1つ作るのに必要な材料は

・ジャガイモ:10個
・ブラックストーン粉末:1個

何気に日誌の中に「物々交換」という言葉が出てきてたりして、ニヤついてしまいました。

べリアから砂粒バザールまで拠点を接続する

老兵の渓谷が未発見の状態だったので、少し手間取りました。
バレンシアにそれほど足を運ぶこともないので、知らない場所がまだまだあります。

これまた拠点を接続するだけなので、拠点さえ見つけていれば問題なく完了できます。

バルタリは、ここでトウシキミ茶などの金額に絶望的になったようです。
砂漠で水分は何よりも大事なものですから、そうなっても仕方ないでしょう。

砂漠で泥水の袋を発掘して使用する

スコップで砂漠地帯をホリホリすると泥水がGETできるので、問題ありません。
私は、いつ手に入れたかすら忘れていたバッグの隅っこにある泥水を使って完了させました。

砂漠の旅が順調だったバルタリも、砂嵐によって全てを失い自身も失いかけていた所に砂漠キツネの行動によって助けられた模様。

必死になって手に入れた水に歓喜して遠くに見えた村のようなものは…。
砂粒バザールだったと。

特製バレンシア定食を食べてみる

これは、助かりましたよ。
最近、いろいろと配布されていてその中にも丁度特製バレンシア定食がありましたw

効果を有効に使いたかったけど、とりあえず食べました。
食べるだけで目標完了とか嬉しいですね。

砂漠での出来事に、現実に妥協し始めた様子のバルタリ。
仕事探しという特技を出すようですが、砂漠の旅はどうなるのか?

かかしを用いて心身鍛錬する

ずっと使ってなかったんですよ。かかしのシステム。
なので、どうやって使うのか?ってところからでしたw

アイテム使用して案山子の前でRボタンを押すという簡単なお仕事でした。

一方、バルタリは資金を貯めるために厩舎番の手伝いをしていたみたいですね。
慣れて来た頃に、仕事も増えこのままでも悪くないと思ってしまったみたい。

で、混乱しそうな自分を落ち着けるために、精神と肉体の鍛錬を兼ねて干し草刈りをしたそうです。

ぐったりするまで干し草を刈ったら相当な量になったことでしょう。

よし、バルタリの冒険日誌~11章~完了。
お疲れ様でした~。

次はバルタリの冒険日誌~12章~です。

タイトルとURLをコピーしました