アニメ見てたら「黒い砂漠しよ!」ってなる作品

アニメって、ほんと見てて飽きないものが多いです。

黒い砂漠をしてて「ちょっとやる気でない」とかって時もあるんですけど、そんな時にアニメを見てると「おっ!黒い砂漠しようかっ!」ってなる事もある。

個人的に、黒い砂漠しかゲームしてないのでそうなるんですけど、MMORPGみたいなゲームをされている人も、見るとゲームしたくなる。

そんなアニメだと嬉しいな。

ゲームの世界に閉じ込められるが最終的に脱出するアニメ

何らかの事情によって、ゲームの世界に閉じ込められる(ログアウト出来ない)状態となる。その後、主人公たちはログアウトする方法、現実世界に戻る方法を探して冒険を始める。

アニメジャンルとしては「異世界転移物」とか呼ばれているものです。

ソードアート・オンライン

原作:川原礫(かわはら れき)

ゲームからログアウト出来なくなり、ゲームの世界に閉じ込められるけど、最後にはログアウト出来て現実世界に戻る。

ソードアート・オンラインは、黒い砂漠をやり始めてから見ました。

設定されている「フルダイブなんちゃら」までは、どうだろうと思う部分はあるけど、オンラインゲームの特徴をものすごくうまく表現しているように思った。

技術的にもどんどん近づいている感もしてますし。

SAOだけじゃなく、GGOでもそんな感じがして、変にリアルな感じがしてます。

ソードアート・オンラインの話の中では、最初SAOから始まって、GGOになり、途中ALOがあったりと、ⅠとⅡを何度か見てようやく話を理解できたという部分もあったりしますw

ユウキのところは実際に有り得る状況(フルダイブ機能は別として)にはちょっと重さを感じたけど、「仮想世界で真剣に生きる人」が居るのかもと本気で思わせてくれた気がする。

ゲームの世界に閉じ込められる設定を、初めて知ったアニメだったのですごくハマりました。

原作は読んでないんで機会があればと思ってます(← 一番読まないパターンw)

アニメの方は、ⅠとⅡを通してみるのがおすすめ。

ソードアートオンラインの中でゲームの順番がややこしかったのですが、最近ようやく把握しましたw

・ソードアート・オンラインⅠ:SAO
・ソードアート・オンラインⅡ:ALO→GGO→ALO

同原作者のアニメ:アクセルワールドなど

ソードアート・オンラインの

原作読むなら

↑画像をクリックすると楽天市場に移動します。

アニメ見るなら

ソードアート・オンラインをU-NEXTで見る

ログ・ホライズン

原作:橙乃ままれ(とうの ままれ)

ゲームからログアウト出来なくなりゲームの世界に閉じ込められる。現実世界に戻る方法を探しながらもゲーム世界で生きる事を前向きに考えて行く。

原作を全部読んでないので、現実世界に戻れた(ログアウト出来た)のかは確認してません。

SAOの後で見たので「二番煎じ」かと思ったのが最初の印象。

けど、見ているうちに違う世界観があると気づき、こちらもハマるw

フルコントロールエンカウント

この言葉にすごく興味が湧きました。

そこまで出来るのかと。

これまた、あってもおかしくないよな?と思ったりで面白かった。

ただ、後から知った事なんですが「まおゆう」と同じ原作者さんで、「頭のいい人だなぁ」と思いながら見てた部分もあり、ログホラを見直したら改めて「頭いいなぁ」と再認識。

経済とか色々「えっと、ちょっと待て待て…」と、一瞬理解が追い付かないところあったりでw

同原作者のアニメ:まおゆう

ログ・ホライズンの

原作読むなら

 小説家になろう

↑画像をクリックすると楽天市場に移動します。

アニメ見るなら

ログ・ホライズンをU-NEXTで見る

現実世界から、異世界に召喚されてしまうアニメ

異世界から召喚された主人公の冒険アニメ。

元々は、現実世界にいたけど異世界(ゲーム世界?)によって召喚され、目的を果たすために冒険を進めて行く感じのアニメです。

盾の勇者の成り上がり

原作:アネコユサギ

図書館で見つけた本に異世界に召喚される。設定が面白い。

主人公、尚文の置かれた状況が、今まで見た事のない設定でハマりました。

勇者なのにあの扱いを受けるのか…。

けど、その状況でも前を向く。

そんなメッセージがあったのかもですが。

最初見た時は、どうなるのかワクワクが止まらなくて久々の感情。

ストーリーをある程度知ってて見ると、結末が判っているので「そんな事するから…」とニヤリとしてしまうところが増えましたw

序盤から主人公が散々な目にあって、見ているこっち側まで気分が悪くなってしまいますけど、それでも結果はどうあれ主人公尚文が勇者としてちゃんと認められてます。

ただ、言い方よw

で、その次には「異世界」が1つじゃないって部分も面白いですね。

尚文の居る異世界に、また違う世界から来たり。

尚文たちが退けている「波」自体もそうなんでしょうけど、なかなか異世界な異世界ですことw

盾の勇者の成り上がりの

原作読むなら

 小説家になろう

↑画像をクリックすると楽天市場に移動します。

アニメ見るなら

盾の勇者の成り上がりをU-NEXTで見る

ノーゲーム・ノーライフ

原作:榎宮祐(かみや ゆう)

現実世界が嫌になっていた所を、異世界に転送される。

ゲームというよりも戦略みたいなところが面白いけど、理解できたかは謎。

RPGをするわけでもなく、シューティングでもなく。

チェスやポーカー、挙句の果てに「鬼ごっこ」的なゲームで決着をつけてます。

でも、それがまた新鮮でどちらかというと「戦略」みたいな部分に感心するところが多くて、結末を見るのが楽しかった。

そして、シスコン?

いえいえ、兄妹を愛することは素敵な事なんですが。

この辺りは、あまり理解できない部分なので何とも言えないんですけど、やり取りは面白いと思います。

ノーゲーム・ノーライフの

原作読むなら

↑画像をクリックすると楽天市場に移動します。

アニメ見るなら

ノーゲーム・ノーライフをU-NEXTで見る

異世界と現実世界の往来可能なアニメ

異世界と現実世界が、区別されていて両方の世界が行き来できるような設定となっているアニメ。

ある意味では、ゲームの中と現実世界の間と考えると身近な存在なのかもしれない。

ただし、現実の物を異世界に持って行けるのはアニメだからこそというところでしょうか。

そのギャップを楽しみました。

GATE(ゲート)自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり

原作:柳内たくみ(やない たくみ)

自衛隊員が主役という設定や、現実世界と異世界への往来が可能という設定も新しいと思った。

現実世界に、異世界への扉が現れる。

「そんな事があったらいいな」が起きてますw

現実世界でPCからゲームの世界に繋がってるっていう部分は、ある意味扉かもしんないけど。

また、自衛隊が主役ってのも斬新。

こういうのは「許可とかだいじょぶなん?」って思ってた。

でも、安心しました。

GATEの作者さんは、自衛隊経験者でもあり自衛隊の協力を得ているということです。

だからこそのリアルさもあったのかもですね。

そして「ロゥリィ・マーキュリー」がいい。

今でもそうなんですけど、たまに「爽快な気分を味わいたい!」と思う時があって、以前は「ソウルワーカー」とかやってたりしました。

この時も、「鎌」をブンブン振り回すキャラを使って「三国無双気分」を味わってました。

でも、黒い砂漠には「ソーサレス」が居るのでだいじょぶw

気分転換したい時は、覚醒してデスサイズをブンブン振り回してます。

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えりの

原作読むなら

↑画像をクリックすると楽天市場に移動します。

アニメ見るなら

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えりをU-NEXTで見る

最初から、ゲームの世界と現実世界が区別されているアニメ

一番解りやすい設定のアニメじゃないでしょうか。

ゲームを遊ぶ主人公が、ゲームの中で遊ぶ。

ただ、そこはアニメならではの感覚とも言えますね。

最近のアニメで、久しぶりによく笑えたアニメだと思います。

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います

原作:夕蜜柑(ゆうみかん)

「防振り」と略される。設定が面白い。

タイトル通り「防御に極振り」してるのが面白くて、そこまで堅くなるのかと。

逆に攻撃極振りの相手と戦ったらどうなったんだろうと。

でも、そこじゃなくガチガチの防御力を持ちながら、攻撃手段も強力になっていくっていうのは、新しいって思った。

最終的には「ロボ」までいきますからねw

最近は「最強でスタート」な設定もあってそれはそれで好きなので、面白かった。

主人公の盾に取り込むとか、「盾の勇者」っぽいところもあったからというのもあったのかもしんないけど、これはこれでいいと思う。

変なしがらみとかいざこざが無いってのも、ニコニコしながら見れた原因かもしれない。

是非、ヴァルキリーにも相手のスキルを取り込む要素が欲しいです!

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。の

原作読むなら

 小説家になろう

↑画像をクリックすると楽天市場に移動します。

アニメ見るなら

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。をU-NEXTで見る

主人公が何らかの理由で命を落とし異世界に転生するアニメ

現実世界で命を落としてしまい、そのまま異世界に転生して異世界で生きていくという流れのアニメ。

「異世界転生」って言うんでしたっけ。

こんな人生いいなと思ってしまうけど、現実を楽しんでますので転生までは遠慮しておきますw

転生したらスライムだった件

原作:伏瀬(ふせ)

現実世界で、通り魔に刺され死亡し異世界に転生したらスライムになってたという設定。

現実世界で、残念な事になった上に「スライム」ってどうなの?

って、がっかりな状況。

でも、その先で出会った「ヴェルドラ」と出会った事で一気に「最強スタート」が始まってますね。

途中から、その最強と思われた主人公でも叶わない相手が出て来るって言うのは、その先のお話も気になる。うまい。

スライムって言ったら、RPG界において一番最初に戦う敵。

なんなら素手でも戦わされるぐらい。

けど、いつのまにやら最弱の相手になる。

メタルになってたら別かもだけどw

それが、一国の主となり魔王とも契約を結べるほどになるなんて想像できんかった。

もしかしたら、作者さんはものすごいスライム好きなのかもしれません。

転生したらスライムだった件の

原作読むなら

 小説家になろう

↑画像をクリックすると楽天市場に移動します。

アニメ見るなら

転生したらスライムだった件をU-NEXTで見る

この素晴らしい世界に祝福を!

原作:暁 なつめ(あかつき なつめ)

現実世界で、トラクターに轢かれそうになったことでショック死し、異世界の狭間で出会った女神と異世界に転送される。

こういう異世界転生もののアニメで、主人公が弱いってのは新しいのかも。

しかも、最後まで最強になることがないなんて。

原作読んでないので、最後はアニメまでしか知りませんけど。

とは言っても、要所要所で頭の切れるところ見せてくれたりで、ギャップも面白い。

主人公のパーティが、いいのかな。

女神に、魔女っ娘、ドMなクルセイダー

ある意味では、強いパーティなはずなのに。

放っておいても苦労はしないはずなのに。

けれど、毎回ドタバタ。

この辺りが、楽しんで見られてたのかも。

また、エンディングがめちゃのほほんとして好きなんですよね。

このアニメにぴったりマッチしてると思うんです。

同原作者のアニメ:戦闘員、派遣します!

この素晴らしい世界に祝福を!の

原作読むなら

↑画像をクリックすると楽天市場に移動します。

アニメ見るなら

この素晴らしい世界に祝福を!をU-NEXTで見る

最初から異世界が舞台で異世界に生きる人たち

完全に異世界が舞台となっているアニメ。

ファンタジーというと古い言い方になるんですかねw

それでも、これまでにたくさんの映画なんかでも題材となっているような、冒険物とも言えるかもしれません。

それだけに、難しい題材な気もしますけど、私はがっつりハマってますよーw

ダンジョンに出会いを求めるの間違っているだろうか

原作:大森 藤ノ(おおもり ふじの)

神々が下界に降りてきて冒険者(眷属)を子供とし、ファミリア(ギルド)を作っている。

主人公は、大した強さもない状態で、とある女神のファミリアに入るところから始まる英雄譚。

最初は、見てて可哀そうなぐらいの状況なのに、気持ちが強いんだろうかどんどん話にひきこまれて行きました。

神話に出て来る神様の名前が、また、ワクワクを煽られてしまいました。

もうね。

ミノタウロスとの戦闘では、感動しました。

アルゴノゥト。

きっと、彼はアルゴノゥトなのですよ。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうかの

原作読むなら

↑画像をクリックすると楽天市場に移動します。

アニメ見るなら

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうかをU-NEXTで見る

番外編アニメ

黒い砂漠どうこうって話じゃないですけど、見るのが楽しいアニメです。

一度見だしたら、止まらないアニメってたくさんあって困ってしまいますが、ここでは特に気に入ったアニメなんかを書いておこうと思います。

まおゆう魔王勇者

原作:橙乃ままれ(とうの ままれ)

勇者、魔王など各職が名前となり個人名の出てこないめずらしいアニメ。

元々は、2ちゃんねるで投稿されていたものだったんですね。

魔王の経済学など「頭いいなぁ」と思わせる作風が好み。

のちに、ログホラの作者と知りログホラの中でも経済観念などが出ていると気づきなお感心した。

同原作者の作品:ログ・ホライズン

まおゆう魔王勇者の

原作読むなら

 小説家になろう

↑画像をクリックすると楽天市場に移動します。

アニメ見るなら

まおゆう魔王勇者をU-NEXTで見る

ありふれた職業で世界最強

原作:白米 良(しらこめ りょう)

学校から突然異世界に召喚され、世界を救えと言われる。

ただ、すでに勇者はいるのに、主人公は錬成師という世界を救えそうにないありふれた職業となり、周りからいじめられることになる。

その上、クラスメイトに裏切られ洞窟の奥深くに落とされ、右腕を失い…。

と、散々なところからスタート。

ちょっと「盾の勇者」っぽいところあってハマる。

けど、ここからが一気に楽しくなっていきます。

主人公の見た目の変化に若干ついていけなかったりした部分もあったけど、黒竜との出会いの回が個人的に一番好きなところ。

その後は、主人公最強っぽいところも好きなので最後まで楽しくみれた。

2期にも期待。

ありふれた職業で世界最強の

原作読むなら

↑画像をクリックすると楽天市場に移動します。

 小説家になろう
 

アニメ見るなら

ありふれた職業で世界最強をU-NEXTで見る

まとめ

他にも、たくさんのアニメがありますけど、黒い砂漠をしたくなるようなそんなアニメを紹介してみました。

黒い砂漠のあのキャラをこんな風にしてみようかな?とか、ギルドで楽しんいるならこういう戦い方もあるんじゃ?とか色んな想像が出来て面白いです。

アニメを見るのに、無料で見れるものもありますけど、がっつりと通してみたいならやっぱり有料の配信サイトを利用したくなりますね。

ただ、それをすると家から一歩も出たくなりますし、アニメだけを見ていたい衝動にかられるので自重するようにしていますw

タイトルとURLをコピーしました