アズナクの神話から時間の碑石・ヤクの父・音を扱う方法とアズナクの試験4つ【黒い砂漠冒険日誌149】

スポンサーリンク
冒険日誌

ドリガンのアズナク神話に関連した依頼を終わらせてきました。新規のエモーションを取りに行ったけど、サブ依頼をこなすのが前提だったのが始まり。

依頼自体は、最後にかなりやられましたけど、謎解き要素もあって楽しかった。

アズナク神話のはじまり~時間の碑石~

依頼は、ドベンクルンのドルゲフ村長の向かいにある、建物2階のドベンクルン神話日誌からはじまります。

読み終わると、いつのまにやら現れるアルザイ。
驚かしたいのか?

ここから、ちょっと面白いなぞなぞチックな依頼がスタートするんです。

まずは時間の碑石から

・ぬめやかな無数の歯を持っているものを入れて歓喜を作ろう。
・硬い石岩と同じようなものを入れて感謝を作ろう。
・柔らかい鶴の羽のようなものを入れて祝福を作ろう。

こんなヒントが依頼内容に書かれてます。
これらを何に入れるんだ?って話です。

案内された場所には、碑石とアズナクの魔法の壺が置かれています。

その周辺には

・硬いトウモロコシ
・さわやかイチゴ
・つやのあるジャガイモ
・つやのあるトウモロコシ
・すっぱブドウ
・やわらかい小麦
・硬いジャガイモ

と、いった作物が入った箱が置かれいて、どうやらヒントを頼りに順番に入れていく仕掛け。

何で?
そんな顔をするヴァルぽんw

順番を間違ったり、違うものを入れてしまうと、アルザイの居る最初の場所に戻されます。

正解は

1:つやのあるトウモロコシ
2:硬いジャガイモ
3:柔らかい小麦

こうやってみると、ヒントと同じだと後だしジャンケンみたいに理解しましたw

ヤクの父

次に案内されるのは、ヤクの父がある水中遺物。
ここでのヒントは

・一匹目のヤクは、大きな音じゃないと聞こえない。
・二匹目のヤクは、体から嫌な臭いを一生放つようになった。
・三匹目のヤクは、いくら食べても極限の飢えを感じるようになった。
・四匹目のヤクは、人間のそばから離れないようになった。

さて、まったく意味がわかんないですw

どうしたものかと思ったら、岩に馬に乗った人がいて「他の冒険者さんかな?」と思ったらヤクだった。

こんな感じで、水中遺物の周りに4匹のヤクが居て、選択肢を選び依頼を達成させていくんです。

一匹目のヤク

一匹目のヤクには、大きく叫ぶを選択。

二匹目のヤク

二匹目のヤクには、水で洗うを選択。
二匹目はちょっと迷った。

夜に行ったから見えにくいけど、4匹目ヤクの近くに居ます。上の方。

三匹目のヤク

三匹目のヤクには、秣を置くを選択。
秣は「まぐさ」って読むんだって、初めて知ったw

四匹目のヤク

四匹目のヤクには、切に祈るを選択。

音を扱う方法

次は、この遺物。ヘビが描かれてます。
ここでの依頼を進めると。

マンブ蛇に出くわします。
近寄っても攻撃しないので安心したw

「少女のような心を持った君は雷鳴にも驚く」
居ますねw見た目めっちゃコワそうだけど、すんごく優しい人。

とにかく、このマンブ蛇を追い払いたいので「音が出るもの」を探そう。

爆発怪石。
そんな名前だったのか。たまに気づいたらなんか爆発したような時があったのは君のせいだな。

手に入れた爆発怪石をマンブ蛇に投げつけると、マンブ蛇は退散するので依頼達成。
遺物に戻ると依頼完了。

ここで終われば面白い!だけで済んだのに、この後の依頼でまぁ精神削られました。

浮遊石依頼~アズナクの試験~

遺物からの声が消えた時雷が落ちた。雷の落ちた場所に移動しよう。

って事で移動したら、ジャンピングゲームスタートw

どこかのイベントパークで見覚えのある、円盤に乗っかって移動していくやつ。
これ苦手で。

普通にジャンプすると、かならず飛び越える状態だったので何度チャレンジしたことか。

最初に到達したときは感動すら覚えましたw
眠気と戦ってたのもあったけど、眠気も飛びましたよ。

全部で3回だったっけ?と、思ってたけど4回だったみたい。覚えてないけどw
ほんと疲れた。

無事、依頼も達成してホッとしてたら、また「何で?」な状況に。

まさかの「君がアルザイやったんっ!?」と小声で叫ぶ私w

なぞなぞで頭の体操をしてからの、イライラゲーム。
寝る前にしないほうがいいと思う。

あ、それと浮遊石の依頼前には「狩猟服」を持ってるといいです。
落下ダメージ-50%がついてるので、かなり助かります。

タイトルとURLをコピーしました