三日月神殿で感じた違和感と古代生命体の存在感がヤバイ!ヤミヤミの本当の姿を見たヴァルぽん【黒い砂漠冒険日誌35】

スポンサーリンク
冒険日誌

バレンシアの狩場といえば三日月神殿じゃなかろうかと勝手な思い込みを持ってたりするわけですよ。

なんせ、人気の狩場ってイメージですし、ドロップ品がいいですしね。
ヴァルぽんの場合はどうだったんでしょう。

それと、一度しか見れない気がした古代生命体がすごく威厳があるように見えてよかったです。

せっかく砂漠の目印にしようと思ってたのに…。

  

三日月神殿で狩りに少し違和感を持ったんですけど、前からこんなんだっけ?

三日月神殿に行くのに、少し不安のあった私(チキン野郎でゴメン)なのですが、気合入れていってみると意外にも狩れる。

一番不安だった、三日月守護者も思いのほかイケました。
コロンコロンとひっくり返されたりはしましたが。

それでも、危機が訪れる事もなく依頼を完了できました~。

ドロップ品に取引所でも人気のある「三日月リング」は出ませんでした。
ドロップ率アップだったから、ちょっと期待したけど甘かったかな。

もうちょっと狩りをしてみたい気にもなりましたけど、メインクエストを進めたくなったので、とっとと撤退して次の依頼へ

古代生命体がすごくかっちょいいんだけど再会できないんだね

三日月神殿の依頼の次に受けたのが、古代生命体の依頼。
戦闘はないものの、とにかくかっちょいいと感じました。

古代生命体クツム。
補助武器が優秀なので手に入れいたいですね。

こんな格好だったんだね。

古代生命体プトルム
鳥の形をした古代生命体。

こちらは、戦闘する依頼があったような気がしますが、今は戦わなくてだいじょぶ。

タイミングがよかったので、パシャリとしておきました~。
めちゃかっちょいい。

古代生命体アトル。
画面に納まりきらないほど巨大なアトル。

依頼を達成するのに近寄ったら、足ですらこの大きさ。
こんなのが動いてたらと考えると、恐ろしいですよね。

で、ですね。

この依頼は、マップ上で並んでいるので順番に移動していくと思います。
けど、順番に行っても依頼達成とならない罠だったりします。

最初は、クツム⇒プトルムと来たんですけど、プトルムには会話が出来ない状態で達成できないんです。

なので、クツムに行った後、アトルに行って依頼達成してから、プトルムに行くと会話できるようになりました。

なかなかやりますな。

そして、恥ずかしがってますけど闇の精霊の本来の姿も見る事ができました。
小さな足があるのが愛らしくもありますね。

この後、少し依頼があって完了となります。

その後闇の精霊から受注できる依頼を完了すれば、次のメインクエストに進めます。
4つあるリングの内選択して、もらえるのですが、私は、バルハンの征服リングを選択。

今の黒い砂漠の中では、びっくり性能って訳でもなくなってますので、適当に選らんでOKじゃないかと。

タイトルとURLをコピーしました