バルタリの冒険日誌~13章~ヤツさえ倒せればと思い続けた1か月ちょい【黒い砂漠冒険日誌137】

スポンサーリンク
冒険日誌

バルタリの冒険日誌13章です。
やっかいな章でした。何を言ってもカドリー門番長。

倒せないので待つスタンスとなったのが長引いた原因。ようやく終わりました。

強力なカドリー指揮官を退治する

バルタリがルーンを訪れた時に出会った、幼顔のバレンシア将校との剣術の競い合い。
幼顔に油断したバルタリ。

実力ある相手に本気で闘い勝利すると。

1時間近く。。。

さぞ、疲れたでしょうw

で、なんでカドリー指揮官?
見た目から強そうですけど。

とか思いながらもカドリーに行くと、丁度、バルタリの冒険日誌をこなしている方が多いのか行ってもいないことが多かったです。

なので、休日の朝にログインして指揮官を倒してログアウトw

カドリー指揮官は、盾でガードもするヴァルぽんの戦闘スタイルと似ていて面倒だったけど、やられることはなくクリアできました。

盗賊団の暗殺者を退治する

以前に、馬で通り抜けようとして操作ミスから馬がやられて、トラウマになり苦手なガハーズだったりします。

それ以来、馬でガハーズを通ったことはないという徹底ぶりw
自分の操作技術を磨く方が楽になるのにとか言っちゃダメ。

それはおいといて。

ガハーズの中でも、やっかいなガハーズの影。
メイン依頼の中でも戦う事があって今までは避けてた存在。

でも、ココ最近は戦闘にもだいぶ慣れて来たのである程度はこなすようになってきた。

なので、ガハーズの影もそんなに苦労しなくなってからの挑戦だったので、特に問題なし。

ただ…。

「ハッハッハッハッハッ」って近寄ってくるのがとにかく感じ悪いw

バルタリはどうなったんだろう?

ガハーズの影も一時期居ない時が多かったけど、最近はよく見かけます。
笑いながら近寄ってくるからスグわかる。

マスカンの兄弟に敗北をもたらす

バルタリの冒険日誌~13章~がなかなか終わらなかった原因がコレ。

チャレンジしだして、1か月ぐらいかかってた。
カドリー門番長に勝てません。なのでキスリブ岩石地帯で妖精をパシャリ【黒い砂漠冒険日誌104】

最初は「誰か強い人が倒した後で、ソッとアグリカンだけやって帰ろう」って考えてました。

でも、さすがにカドリー門番長。そうそう倒される事もないようで。

なので、待ってるだけじゃ情けない!
ヴァルぽんなら倒せるはず!!

そう思って挑むものの、尻尾巻いて逃げましたw

3回チャレンジしたから、もういいかってなりましたよ。

で、2020年元旦にたまたまカドリーのデイリーをこなそうと行ったら。。。

どこにも居ない!!
チャンスやっ!!

すかさず召喚書を取り出してアグリカンを退治。
ほんとのメインはこっちだったのに、カドリー門番長が居る居ないが鍵になるなんてw

アグリカンがマスカンの兄弟だとか、バルタリの時は恥ずかしくなったのか走り去ったとか、どうでもよくなってました。

とにかく、カドリー門番長を倒してくれた冒険者さまには感謝です。ありがとう。

シャカトゥの別荘の執事に会ってみる

シルバーがたくさん必要だったという以外は、特に問題もないかな。

金塊で持って行かないといけないけど、私はシルバーにスグ換える人なのでそれがちょっと面倒だったかな。

シャカトゥの別荘は、別荘と呼ぶにふさわしい内装やオブジェがたくさんあって、しばらくウロウロしてました。

壺もたくさんあったよ~w

廃墟になってしまった渡し場に残っている誰かに会う

ここはちょっとだけ場所で悩んだ気がする。

画像では、依頼のアイコン出てますけど、最初は何も出てなくて。
ここに居るラッコ族に話しかけて、依頼を受けたらアイコンが出てたと思う。

バルタリ日記に書いてあるように、違う場所のラッコ族と釣りの競い会いをしてて、どっちが多く釣ってるか見てきて。

そんな依頼だったような。
バルタリ冒険日誌をクリアするだけだったら、受けなくてもだいじょぶ。

頻繁に行く場所じゃないから受けとこうと。

飼い慣らした荷車象に乗る

バルタリが荷車象に餌と水をあげて、商団長がすごく喜んだんだって。
その代わりに助けが必要な時はいつでも言ってくれと。

その名残があるのかな?

荷車象に餌と水を上げる依頼が待ってました。

餌は雑草でよくて砂漠に近いけど、別荘の近くに雑草があるからスグに取ってこられるし、この依頼を受ける前にシャカトゥに寄ってるだろうから、ついでに水も汲んでいくといいと思う。

その時に汲んだ水じゃないといけなかったはずだけど。
新鮮な水のがおいしいから。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

時間がかかったこともあって、記憶が曖昧なところがありそうw
とにかく、門番長がカギとなった冒険日誌でした。

ほんとお疲れさま。

こんな、感じでバルタリの冒険日誌~13章~終了です。

次は、バルタリの冒険日誌~14章~

イゴール・バルタリの冒険日誌まとめ

タイトルとURLをコピーしました