バレノスの海洋探険2日目。バカンスが終われば狩りに戻る日常になるんだよ。満喫できたかな? ヴァルぽんの休日 Part2【黒い砂漠冒険日誌24】

スポンサーリンク
冒険日誌

バレノス海洋探険という貢献度経験値を1000もらえる依頼に目がくらんで、ヴァルぽんにバカンスを楽しんでもらいました。

普段とは違った感覚で依頼をこなすことで、狩りに疲れた身体も少しは癒されるといいですな。

  

バレノス海洋探険2日目も、のんびりまったりバカンスを楽しんでいます。

バレノス海洋探険も昨日に続いて2日目となりました。
いい天気だったので、しっかりと準備体操をして遠泳に備えます。

明るいうちに、残りの島を周って素敵な風景をSSに納めようとしてたんですが…。

私の用事で、釣り放置をしていたら夜になっちゃいまして。

あまりにも夜空が素敵だったので、花火を上げて残りの夏を偲んでみました。
その後も少し釣り放置をしてから、夜も明けないうちに海洋探険スタートです。

着いた島で、管理者が見えているのに、貝の方が気になって早速潮干狩りをしてみたり。


着いた島は、ナルボ島。
ここも、海を見渡せてすごく綺麗でした!

途中カモメの群れを発見して、周囲に釣り人さんがいない事を確認して記念撮影パシャリ。

次に着いたのは、インバネン島でタヌキが居てニヨニヨしていたんですけど、島の高い所を目指したら、白いオオカミに遭遇!

パシャリしたあとダッシュで逃げました~。
ちょい焦りました。

トゥール島には、小屋があったりして漁業をしてる雰囲気。
でも、釣りをしているラッコ族が居るところをみると、これだけで生活しているのかな?

レマ島は大きい島でした。大きいというより2つの顔があったという感じかな。

こんな名所っぽいところがあったり。

いい雰囲気だったりするんですけど…。

おっきな帆船が停泊していたり。

その帆船を怪しげに警戒する兵隊さん。

そんな傍らでは、綺麗なお姉さんがいたりでパシャ。

他にも、何だか物々しい場所があったりしたんですけど、ここへは行けませんでした。
見えない壁に阻まれてしまいました。

レマ島は、連絡船?定期船?が来る港でもあるので、安全地帯なのかな。

タシュ島では、何だか物々しさが重苦しかったので、真珠貝を持って喜んでいるコブリンを横目に早々に退散です。

オルプス島では…。また倒れている人と出会ってしまいました。
多いねぇ。ほんとだいじょぶなの?

でも、カモメがたくさん飛んでいたので少し癒されます。

アルナハ島でも、倒れてました。
けど、ここには海賊もいて思わず隠れるヴァルぽん。思いっきり見れられてましたけど。

ラシード島にも、海賊が居てドキドキしながら覗いていました。
拠点管理人さんも、ゴッツい人がいましたからね~。

でも、すんごい綺麗な景色でしたよ。

何だか、海は心をすっきりさせてくれますよね。

アジル島も、綺麗な景色を見れましたし、点滅している花や綺麗な鉱石なんかも見れて面白かったですよ。

バレミ島は、椅子にどっしりと腰かけた方が海を眺めながら、パイプ咥えてました。
貫禄あります。島にはイタチがいました。

ウェイタ島の海岸にはいろんな生き物が居たり、綺麗な花が咲いていたりしてワクワクする島でした。

けど…。

何だか怪しげな洞窟があったりして「なんやろ?」と思ってたら、となりにトッツィだっけ?が居たので「これが海底洞窟ってやつか!」と気づきました。

今回は、入ってないけど機会を見てチャレンジしてみよ~っと。

カンベラ島では、腰を下ろし肩まで降ろしてしまっている管理人さんだったので、そっとしておきました。

アラキル島には、銛を持って元気に魚を捕っている管理人さんが居て、そろそろ疲れて来たところに元気をもらえました。

パラタマ島

マリベーノ島

エフデ・ルン島

もう、だんだん疲れて来ているのが丸わかりですね。お恥ずかしい。

エフデ・ルン島が最後で、べリア村に帰ってきてバルタリ村長に報告すれば、バレノス海洋探険も終了となり、ヴァルぽんのバカンスも終了です。

いや~。長くなりましたね。こんなに長くなると思いませんでした。
最後まで読んでいただいてありがとうございます。

そして、お疲れさまでした。

次は、ヴァルぽんがバカンス中に見つけた「海の生き物」を『ヴァルぽんの休日 番外編』としてお送ります~。

タイトルとURLをコピーしました