本ページはプロモーションが含まれています。

「薔薇戦争」300VS300の大規模PvPコンテンツ

黒い砂漠のコンテンツ
スポンサーリンク

大規模PVPとなる「薔薇戦争」が、新しいコンテンツとなりそうなので、記事にしてみました。

と言っても、開発者コメンタリーを見ながら気になる部分を抜き出した形になってますけどもw

私自身参加することは無いと思いますけど、これだけの大規模なPvPってどんなになるんだろうという好奇心はありました。

薔薇戦争は大規模PvP

その他に、ウルキタの3つ目地域とアトルの靴等についても紹介されているので確認しておきましょう。

では、薔薇戦争について。

今回の「薔薇戦争」では、事前準備の過程を抑えて難易度を下げ、戦闘ルールなども新しく構成したとのことです。

薔薇戦争は、カーマスリビアとオーディリタを舞台にした、大規模戦闘コンテンツ(占領戦)となります。

どの程度の大規模かと言うと、これまでの拠点戦や占領戦ではギルド同士だったのに対して薔薇戦争では「陣営VS陣営」となっています。

両陣営の選別には、特定のギルドが「連盟主ギルド」として参加する方法と、「第3軍団」と呼ばれる一種の傭兵となって参加するといった2つの方法があります。

連盟主ギルドには、拠点戦や占領戦の際に獲得できるポイントが高いギルドが申請できるらしいです。

第3軍団は、拠点戦や占領戦に参加・不参加にかかわらず「攻撃力と防御力の合計が680以上」なら、誰でも申請可能。

ただし、参加申請すれば必ず参加できるわけではなく、ランダムで選ばれるようです。

薔薇戦争に参加できる総人数は、連盟主ギルド100人、第3軍200人の「300人」となり、「300人対300人」という大規模なコンテンツになる模様。

また、300人に満たなかった場合に供え「予備軍」として、一部が参加資格を獲得できるようにもなっています。

連盟主ギルドには、指揮官1人と補佐官3人を選抜する必要があります。

総指揮官として選ばれた冒険者さんは、「薔薇戦争」を勝利へと導く指揮を取る事になります。

両陣営には「カーマスリビア城」と「オーディリタ城」があり、それぞれに総司令官(NPC)が居ます。

その総司令官を倒すのが目標となっています。

総司令官を倒せば勝利となり「薔薇の王冠」を獲得することができます。

さて。

薔薇戦争が始まると、薔薇戦争に参加している冒険者さんは既存のワールドマップを見る事ができません。

その代わりに「戦術マップ」という新たな地図を見ながら状況を把握できるようになります。

薔薇戦争では、参加している冒険者さんは、敵と味方の位置を確認することができません。

もちろん、自身の位置は戦術マップでも確認できますが、それ以外は黒い霧で覆われている状態になっています。

ですので、動きながら視野を広げ展開していく必要があると。

ただ、指揮官として選ばれた冒険者さんは、味方全体の位置と全視野を確保することが可能。

指揮官は、全体の戦況を把握可能という訳です。

全体の戦況を把握しているので、適切な命令を出して勝利に導く役割を果たす事にあります。

各指揮官は、戦術マップで3軍団部隊を選択し、ミッションを指示することも可能ですし、マップ内で特定のメンバーをドラッグして、移動命令を出すことも可能になります。

命令を出された対象の冒険者さんは、全体視野が共有されないので、命令が「今すべきこと」と判断できます。

ミッションを指示された冒険者さんが、ミッションを成功させると、財貨を報酬として獲得することも可能です。

指揮官側からすると、「第3軍のモチベーション」をどれだけあげるかの見極めも大切になってきます。

一般参加者の冒険者さんは自由に活動したり、指揮官の命令に従い様々な役割を果たすことになります。

攻撃命令を受ければ攻撃し、移動命令を受ければ移動し、守備命令を受ければ守備をする。

部隊への加入や脱退は、指揮官がすべて行うのではなく、個人で行う事も可能です。

指揮官は、部隊名を役割に合わせて任意で設定することも可能。

迷子になった部隊に移動命令を出すと、指定された場所へのルートが指定される。

また、指揮官は、戦略ピンを設置する事が可能で味方全体にも見えるので、様々な活用法があるのではないでしょうか。

指揮官は、部隊を選択し希望目標を選択してミッションを付与する事が可能。

ミッションは、単一でも複数部隊を選択し一度にミッションを与えることも可能。

ミッションを受けた側も、すぐに画面で確認できる。

薔薇戦争の参加冒険者さんは、表示されるキャラクター名が少し違います。

・陣営
・階級
・家名

が表示されるようになります。

指揮官と補佐官以外の連盟主ギルドメンバーと第3軍団メンバーの階級は、戦争中の活躍に応じてリアルタイムで階級が変わる仕様になっています。

薔薇戦争は、当たり前ですが指揮官一人で戦いに勝利するのは無理があるでしょう。

ですので、指揮官の負担を下げる為に、補佐官が指揮官の役割の一部を遂行してもらう事も可能となっています。

薔薇戦争の進め方としては「臨時拠点」となる20の聖所が繋がっていて、聖所には隊長級のNPCが居ます。

聖所の隊長級NPCを倒すと聖所を占領できます。

聖所は、復活拠点でもあり、聖所を占領することで参加冒険者さんをパワーアップさせる事ができるパッシブバフが付与されます。

パッシブバフは聖所によって異なり、聖所を占領している間は効果が維持されます。

聖所は、接続拠点のように「先行拠点」が存在するので、どの聖所からでも占領できるわけではありません。

各陣営の城につながる聖所から順番に占領していく形になります。

陣営は、聖所の接続を切る事も出来るため、一気に攻め落とされるのを防ぐような戦略を取る事も可能だとか。

また、特別な条件で占領可能な聖所も存在しています。

この聖所を占領すると「薔薇戦争専用の攻城武器」の使用が可能になったり、特殊なバフ効果を受けることも可能になります。

薔薇戦争では、陸だけではなく海で活躍できる舞台も用意されています。

海上では、聖所の占領といったような形ではなく、純粋な「力比べ」が勝敗を左右します。

この海上での戦いで勝利すれば、各城の船着場を自由に利用できるようになります。

これで、陸からだけではなく海上から敵陣に切り込むことも可能になります。

そして、指揮官たちに与えられる「陣営スキル」というのも存在しています。

陣営スキルは、指揮官のみ使用可能で、戦況を逆転したり一気に押し込めるような、非常に強力なスキルで構成されています。

薔薇戦争に参加する両陣営は、聖所を占領して有利なバフを入手し、指揮官の戦術によって相手陣営の総司令官NPCを倒すことを目標に戦いを繰り広げる事になるでしょう。

薔薇戦争は、10月中旬以降にプレシーズンが始まる予定になっています。

プレシーズンは基本的に自由に参加可能ですが、連盟主ギルドとして参加希望の場合は、申請が必要になるそうです。

・4、5段階の拠点戦または占領戦に勝利した城主ギルドの中から申請を受け抽選。
※詳しい内容は後日お知らせにて案内とのこと。

プレシーズンに参加した全ての冒険者さんに、プレシーズン終了後感謝の気持ちを込めた報酬がもらえるらしいです。

以上、薔薇戦争の開発者コメンタリーを見ながら書いてみました。

クーポン配布中

SEEY-OUSO-ONEV-ERY1

クーポンの有効期限は、2023年10月31日23:59まで

・ときめく冒険の衣装箱
・クロン石1,000個

[GMノート] 【開発者コメンタリー】カーマスリビアとオーディリタに広がる大規模戦場、薔薇戦争 | 黒い砂漠 日本
カーマスリビアとオーディリタに広がる300人vs300人の、大規模戦場の物語。黒い砂漠開発者が伝えるコメンタリー映像でご覧ください!   開発者のコメンタリーとともに、黒い砂漠でわくわくする冒険も楽しんでいただきたい気持ちを込めてご用意したクーポンもお見逃しなく!  ときめく冒険の衣装箱 クロン石 1,000個SEEY...
タイトルとURLをコピーしました