ムイクンで会話して知識が欲しくなったのでアカネキャラ作った【黒い砂漠冒険日誌547】

冒険日誌
スポンサーリンク

ムイクンで会話できずに知識も取れないなーと退散した日。

アカネになるのも嫌だなぁと思ってたけど、知識取りたくなったw

なので、新しくアカネキャラを作ろうと思いまして。

しかも、最短で行くために頑張ってみた。

ムイクンで会話するためのアカネキャラ

出来ました!

アカネキャラだけに「ワル」なんですw

以前に「ワルキューレ」に「ぽん」をつけると「ワルぽん」になるからちょっとなーって思ってました。

まさかここで使う事になるとは…。

で、レベル7で性向値は「-995」

でも、名前は赤くない。

レベル50以下は赤くなんないのかな?

ちょっと不安になったので、アルティノでウロウロしてみたら警備兵に襲われましたw

攻撃は結構耐えられた。

うん。一応アカネ扱いになってるね。

んでは、ムイクンに向かいましょうw

砂漠を走る!走る!走る!

どうやらレベル6以降でないと馬には乗れないみたいで。

アルティノで気付いたんだけど、もういいやって思って走っていきました。

エリーから羅針盤を買ってからいくと迷わない。

ついでなので、カントゥーサ砂漠の拠点管理人「タナトーズ」の知識もゲット。

タナトーズの後ろ側からも行けそうなんだけど、過去の記憶からこちらを探して近づく。

ドキドキ…。襲われないよな…。

おっ。誰も攻撃してこない!

オッケー。ムイクンに進入しました。

さて、会話はできるんかな?

おぉぅ!!話してくれた!

嬉しいw

性向値がプラスの時は、完全無視されてたのに。

けど、ムイクンの大将らしき「カヤル・ネセル」の知識は無理だった。

なんでも、ベルトッドからの信頼を得ないとカヤル・ネセルと会話出来ないらしい。

調べてみたら、依頼をこなしていく見たいで、結構大変そう。

しかも、レベル7じゃ到底無理。

何よりアカネキャラを育てる気もないし。

って事で、ムイクンで会話するためにアカネになるっていうのは出来たので満足。

さて。

ワルぽんはこの先どうしよう?

性向値戻すのに、もう一回べリア辺りまで戻って弱い敵を倒すかな。

49止めの生活キャラにするのもアリかと思うけど。

しばらく、ムイクンで放置になるでしょうw

最短でアカネになるには?

今回のチャレンジは「最短で」っていうのも大切でした。

ある程度依頼や何かを進めると、性向値が勝手に高くなるので出来れば性向値が上がる前にアカネにしたかった。

冒険スタートして、試しにカブトムシを倒したら性向値が「5」上がってた。

で、性向値を下げる手段として選んだのは「野生馬」

ほんとゴメン。何もしてないのに…。

1頭倒すと「-500」になるからたぶんそれでだいじょぶだと思う。

けど、近くにもう1頭いたのでついでに攻撃しちゃった。

これで性向値は「-995」と。

一応、私なりの最短でアカネ達成。

タイトルとURLをコピーしました