【オータムシーズン10】ナク・ブリュッシカからリブルまで【黒い砂漠冒険日誌348】

冒険日誌
スポンサーリンク

ドリガン地域のリブル討伐まで進むことができました。

ステータス的には不安もありましたけど、ハサシンのスキルのおかげで何とかこなせてます。

あと、亀裂の残響も行ってきましたけど…。

ナク・ブリュッシカからリブルまで

マンシャウム族長、ナク・ブリュッシカ。

そんな名前だったんですね。
気にしてなかっただけにちょっといい感じのネームだと思った。

出現シーンかなり好みです。
拳を上げて鼓舞するみたいな感じが、どこか往年の世紀末なんとか何がしっぽくてw

マンシャウムも、ちょっと不安で「行けるんやろうか?」って思ってたんですけど、伝承スキルがかなり強いのか、回避しながらだとそれほど怖くなかったです。

もちろん、無用な戦闘は避けてましたけど。

その分ライテンが出てきたら、頑張って倒してましたよ。
けど、あまりにもショボイものしかでないので、途中からスルーしてますw

ライテンの出現頻度って、結構高くないですか?

で、カーマスリビアで最大の恐怖なのがガイピンラーシアです。

ボス2体は、攻撃特化、防御特化。

右側のが攻撃特化ですが、2分ほど逃げ回っていれば座るのでその時に殴れば余裕。

左側の防御特化のが、面倒かも。
とは言え、鬼のように堅くないので鬼殺隊じゃなくてもだいじょぶw

無事、カーマスリビア冒険完了となりました。

さて、ドリガン地域に進むって事で、真Ⅲトゥバライヤリングに強化。
他のも強化したかったけど、クロン石なしじゃやっぱりコワイw

レベル60になったら、真Ⅴアクセもらえるので頑張んないと。

そんな訳で、リブル討伐まで来たとw

今回も、またアールの息吹に助けられました。
ハサシンの便利さが続く間にメイン依頼進めよw

で、ガクツムは思ったより辛くなくてよかったよぉ。

ウィークリー依頼も出たので、しばらく籠ることになりそうな予感。

亀裂の残響は撤退しました

すぐにそれとわかる怪しいオーラ。

べリア村の西側に近づくだけでこの雰囲気。
ヤバい感じしかしない。

恐る恐る覗くと、既にほかの冒険者さんがいて戦闘開始してました。
だから、こんなにオーラが溢れてたのかw

亀裂の残響を使って召喚すると、何体か出て来るのかな?
召喚書使った時みたいな感じ?

最初に出てきたのは、ベグ。

余裕かと思いきやHPが削られまくって、ポーションガブ飲みしてたら尽きまして。

急いでエイリーンのところにポーション買いに行ってる間に消えましたw
1回倒されてるので、ヤラレ損です。

初回は、まったく歯が立たなかった感じだったので、装備強化してハサシンの動きに慣れてもう一回チャレンジしに行きます。

けど、見てたら報酬はあまり美味しくないような気がした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カーマスリビアの冒険も完了し、ドリガン地域へと順調にメイン依頼が進んでます。

これもハサシンの強さのおかげかと調子に乗って、亀裂の残響に行ったらボコボコでしたw

タイトルとURLをコピーしました