闇の狭間と召喚書行ってきた!箱の中身は安定してます。【黒い砂漠冒険日誌94】

スポンサーリンク
冒険日誌

闇の狭間をもうちょっとクリアするとマノス馬鞭が作れるので、嫌々行ってきましたw
召喚書も、近くを通ったりなどついでにこなしてきたんですけど、やっぱり箱の中身は安定してますな。

  

闇の狭間で愚鈍、ゲハク、マスカン、遺跡守護者

闇の狭間は、愚鈍な木の精霊からスタート。

バシッっと叩かれてよく転ばされ身動きできなくなるのが辛い。

今回は、普通に戦うのが面倒になったので「強靭な防禦」で攻撃をガードしつつ、攻撃後をランスで突っつくという戦法。

戦法というのかコレw

たまに、行動制限がかかったりしますが安定して倒せたのでよしです。
ノーマルということもあり、ガードを突き破ってまで大きくダメージを喰らわなかったので、愚鈍はこれからこの方法で行こうかと思ってます。

範囲攻撃だけしっかり離れればだいじょぶでした。

お次は、ゲハク。
ハードなゲハクだったので、攻撃がちょっと痛い。

基本的には「強靭な防禦」メインのチキ…違うっ!戦略で行きましたけど、それでも体力は削られました。

ゲハクはパワフル。

2連続攻撃で、夜時間と合わさって画面は真っ暗になりますが、これは痛くないので大丈夫。

ほとんどの攻撃は、ガードできますが「咆哮?」してからのぶん回し攻撃は距離をしっかり取らないと当たり判定があるので、めちゃ避難w

ゴリ押し攻撃で体力削られるのが痛かったけど、無事討伐。

で、マスカン。

苦手やわぁ~。嫌いやわぁ~。痛いわぁ~。
と、三拍子(たぶんそれ以上)揃ったマスカン。

現在、一番苦手な相手です。

マスカンばかりは、ガード主体という訳にもいかずひたすら動き回りながら「バックアタック」を狙いに行きます。

でも、少しのズレでガッツリとパンチされ倒され、グルグルっと宙の舞を喰らわせてくれます。

イメージとしては、真横よりやや前に避ける感じにしてたのですが、焦りもあってつい張り付いた状態になることも多く、うまい具合にそこを狙われます。

さすがマスカン。

マスカンに対しては、攻撃をガードした後何故か「シールドバッシュ」っていうのかな、それしか出せず、ランスで攻撃にならないんですよ。

まだまだ、ヴァルキリー使いにはなれてない様子の私です。
かろうじて、ほんとこの言葉がぴったりなぐらいの体たらくでマスカン討伐完了です。

画像にマスカンが出現したところ以外に、残ってないのが必死さの表れですw
闇の狭間のマスカンはしばらく行かない。

最後は、遺跡守護者。
遺跡守護者は、音が耳障りだけどそれほど苦手ではないです。

範囲攻撃もわかりやすいし。
時折出て来る遺跡守護者の守護者?的な相手を適当にいなせば問題ないと思う。

遺跡守護者にはガードメインではなく攻撃メインで攻められる唯一の闇の狭間ボスかもしんない。

では、箱の中身を空けてみましょうか。
うん。安定してる。今日も真Ⅱが入ってない箱だったようですw

闇の精霊の邪念が欲しいので、そ・そんなに…、悔しく…ないっ!
ケンタウロスのベルトも廃墟の瞳リングも、誰かいい人に使ってもらえると嬉しいな。

召喚書でマスカンとヘッサマリー

召喚書デイリーっていうんですか。
闇の精霊から毎日や毎週もらえる召喚書。

マスカンが2枚あって、闇の狭間のマスカンに行く前に予行演習しておこうと思って行ってきました。

さすがに、通常のマスカンなら攻撃も痛くないしスグに終わりますが、攻撃と攻撃の間隔が短いのが難儀です。

前は、ミスティックにマスカンを任せていたのですが、今回はヴァルぽんだけなので頑張りました。

ヴァルキリーって、攻撃後の余韻が大きくないです?
こういう時は無駄に感じてしまいますねw

マスカンが苦手というのもあって、「今、そんなんえぇから!」って思ってしまいます。

ヴァルぽん、ごめんよ。

で、マスカンを2回討伐して「リベルト太刀」をGETしました。
ダークナイトを作ろう!

次は、ヘッサマリー2回。

そろそろ疲れた来たので、マツの木を伐採しにトレントに行ったら、たまたま「ヘッセ石垣を発見しよう」みたいなのがあったので、ヘッセ石垣発見ついでに行きました。

闇の狭間では、ハロウィンイベントで行ったきりですけど、召喚書となると初めてかもです。

二人仲良く眠りついてくれてよかった。
寝相がよろしくないですけどw

戦闘苦手なわたしでも、このあたりまでなら余裕もありながら戦闘できます。
束からは装備品出ませんでした。

召喚書は、デイリーでベグを貯めててそろそろ覚醒の方もやってみようかと思ってます。
後、リプルの召喚書も持ってますが…。

行くのはいつになるのやら。
仕様変更で期限がなくなったのは嬉しいです。

今日も楽しく黒い砂漠プレイしていきましょ~。

タイトルとURLをコピーしました