アドナ・リオブランのアイテム集めがようやく終わった~!【黒い砂漠冒険日誌505】

冒険日誌
スポンサーリンク

アドナ・リオブランのヒントからアイテムを集めて渡す依頼がようやく終わりました。

結局、最後は調べたので自力じゃないけど終わったからヨシ!

謎解きっぽいイベントは楽しいので、またあるといいな。

アドナ・リオブランのアイテム集め終了

早速、正解となるアイテム9つです。

最初の方はわかる物から進めて行ってました。

思ったよりも当たってて嬉しかったけど、残り2つがわからずで…。

「大きなキノコ」「もつれた何か」の2つが悩ませてくれました。

キノコは、その内当たるだろうと思ってたけど、もつれた方はさっぱりで。

で、「もしかしてクモの糸とか…」なんて考えてクモを探してたら、エルビア領域のチャンネルって事を忘れて危うく、こっちが絡めとられるところでしたw

なので「もういいや。調べよっ!」ってなりました。

諦めが早いのも長所としておきますw

調べると「毛糸」だと。

なるほどね。もつれてますし絡まってますな。確かに。

ありがたい事に、毛糸は労働者で生産してるので数は十分。

キノコは、取引所で何度か見てたけど検索方法が悪かったのか、前よりもたくさん種類があった気がする。

答えを調べずに、取引所で順番に買ってたら結構な数になってたかも…。

アドナ・リオブランにアイテムを全部渡し、「試作:ブドウの香りに酔った農夫」も無事依頼達成。

アドナは、自分の作品を自慢したくてわざわざこんなことしてたらしい。

おちゃめw

そんでもって、次は金色のクローバー探しとなるんですが、ここでもちょいとした謎解きが待ってました。

仄かなオリーブの香りって依頼に続きます。

いいねー。

仄かなオリーブの香り

さて、金色のクローバーは「試作:ブドウの香りに酔った農夫」のヒントから場所を見つけて探しに行くというもの。

■ヒント■

少し古びているが、一握りほどの日差しを遮るのに十分なテントの下で、農業を営むことが好きではないが、鶏には人一倍愛情を注いでいる農夫。アドナ・リオブランは、オルビア村周辺の「農場」を散歩中に「オリーブの香り」につられて辿り着いた先で、この絵の主人公にあったという。

とりあえず、オルビア村周辺って事なのでホッとしたw

で、「鶏には人一倍愛情を注いでいる農夫」ってところでピント来た!

ウェイル農場のジャイアント。

正解っ!!

アドナ・リオブランは、「試作:ブドウの香りに酔った農夫」を持って来た人に金色のクローバーを渡してほしいと頼んでいたようです。

で、金色のクローバーをアドナに渡すと依頼完了となり、カードが引けるようになりました。

いろんなカードがあるようですけど、私が引いたカードは「満月の秘密」

今の所、このカードにどんな効果があるとか全くわかってないですw

何かいいことあるのかな?ぐらいで。

そして最終的に、ヤミヤミすごろくのサイコロとかアルカナカードがもらえたり。

そういえば、この依頼はヤミヤミすごろく関連だったのをすっかり忘れてました。

ちょいと気になったのがこの分。

「何かが物足りないようだ」

なんでしょう?さっぱり。

まだ、オウムがワンワンと呼ばれている理由も出て来てないのでこの先もあるのかも。

カードは、また引けるようになるらしく、カードが引けるようになったら各都市の酒場のNPCが教えてくれるとか。

たまには寄って覗くことにしよう。

それまでは、まだ旅立たないでおくれよw

タイトルとURLをコピーしました